盗聴器の発見調査が必要になった理由

盗聴器の発見調査の位置づけ

企業では、リスクマネジメントとして、情報に対する規則が細かく定められていることが多々あります。社会人として情報の重要性については知っている人もいると思います。
しかし、情報をいくら守っていた、または自分が注意していてもどうしても防ぐことが難しい事態もあります。
その1つが企業に対しての盗聴です。

 

盗聴とは、盗聴器などの機器を使用して、相手の個人情報であったり企業の重要な情報、顧客情報などを第三者が盗みだすために使用する方法です。
企業のセキュリティ対策で多いのが、インターネット環境に対してのセキュリティ強化に注目している点です。仕事で使うパソコンに最新のセキュリティソフト、アンチウィルスソフトをインストールしているから安全と思っている人、またはデータの保存がネット環境に接続する必要の無いアナログ方式(紙媒体)で行っているので必要性を感じないといった企業は未だに存在します。

 

そういった企業の情報を狙って盗聴器を仕掛け、企業の人間が気がつかないうちに重要な情報を抜き取られているかも知れないのです。

 

こう言ってしまうと、脅されている気持ちになってしまいますが、危機管理、セキュリティの強化には、それぞれ企業に勤める人間の危機意識が必要になります。そして、この危機意識を強くするためには、ある種の脅し文句のような、人間の意識に強く働きかける言葉を掛ける必要があります。

 

盗聴器の被害は、あまり報告されることが無いものです。
その理由として、盗聴器が仕掛けられていたとしても気がつかない人がほとんどであり、巧妙に隠されている盗聴器は発見が大変困難だということです。

 

そこで、企業では、盗聴器を専門で発見除去してくれる発見調査を専門で行っている業者、または探偵事務所などへ依頼をして盗聴器の捜索と対策を取るのです。

 

先ほども言ったように、盗聴器の発見調査は専門の業者、または探偵事務所が多く取り扱っており、また、他のセキュリティ関連企業も取り入れてはいますが、どこの企業へ発見調査の依頼を出したらいいのか悩むでしょう。
そこで、当サイトでは、盗聴器発見調査の依頼を出す場合の注意点から、盗聴器を仕掛けられないようにするための防止方法について紹介していきたいと思います。